妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月

妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、最も大事な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?母子一緒に健康な体でいるためにも、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

これを野菜だけで摂取するのはとても大変ですから、サプリを活用してみるのが良いと思います。

妊娠を願望している方や、計画されている方にむけて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。細胞分裂がおこなわれる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的なご飯以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省よりもとめられているわけです。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、それ以前の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、日々の生活に追われていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも良くあると思います。そんな不安を解消してくれるのが葉酸サプリを飲む事なんです。葉酸サプリだったら、普段のご飯を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。

ですから、普段のご飯では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も安心です。

みなさんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。

なぜなら、葉酸が、胎児の健やかな成長にはたらきかけると言われているからです。

当たり前ですが、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。

妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を意識しましょう。今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、ご飯で摂取できる葉酸の値を意識してみてちょーだい。
通常のご飯での摂取とは別に、葉酸を補給することを正式に厚生労働省が推奨しています。葉酸は多彩な食材にふくまれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを使用する事も出来ます。

その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが忘れないようにしてちょーだい。亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。妊活中にも、亜鉛をしっかりと摂取することをオススメします。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

妊活中の女性以外にも、男性が摂取した場合、健康的な精子の増加を手助けしてくれるというワケです。

妊娠はどちらか一人ではできません。
げんきで健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取をはじめてみるのが良いと思います。以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。

だいたい一年位たってから、「おこちゃまが欲しい、諦めないようがんばろう」と決めて妊活をはじめました。

身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を改善するために不得意だった運動をはじめました。

結果は、意外と上手にいきました。新陳代謝が上がったため、基礎体温が高くなったので、冷え性を治すことが出来ました。自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活をがんばろうと思いました。冷え性は不妊を招くといわれています。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、代謝が落ちて、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。
血流のわだかまりを解消し、新陳代謝を促し、ストレスを和らげる効果もあります。
冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。
自治体から助成金が支給されますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らすことが一般的におこなわれているようです。治療をはじめた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。かくいう自分もアラフォーですし、体力と時間とお金のことばかり考えて、いっ沿う精神的に疲れてきました。仲良くしているオトモダチが妊娠したいと話していた頃によく漢方を飲んでいたと思います。彼女によると冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいた沿うです。

漢方だったら安心感があると思います。彼女は漢方を続けていたようです。その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを妊娠しましたので、本当に嬉しいです。

上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行きはじめました。

長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、話を切り出しづらくて、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、妊娠できなくて、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。相乗効果なのか、早々に二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。嬉しかったです。妊娠を望む方や妊活中の女性にとって重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。
妊活をしている方ならば、いつでも妊娠する可能性があるわけです。産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんがげんきに成長できるように備えておきましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。妊娠検査キットで妊娠が分かる以前からお腹の中に新しい命を授かっています。妊娠は授かり物です。実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活をはじめている方は、なるべく早めに胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、ご飯やサプリ等に気を配ってみてちょーだい。

最近では、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もある沿うですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいらっしゃいますよね。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸は青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多くふくまれていますから、普段のご飯でもある程度の葉酸は補給できています。
最近では、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は一般的に不足しがちなものだといわれています。

一般的な生活で摂取できる分では摂取量が足りていないという方が殆どですから、栄養補助食品(サプリメントなど)を使用するのが良いでしょう。
最近は、こうした不足しがちな成分を全て含有しているサプリが見かけますから、こみたいなサプリを飲めば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるというワケですね。
ビタミンB群のひとつである葉酸は、ほうれん草あるいはブロッコリーなどにふくまれている事で有名ですね。

妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。

また、流産といった危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントで葉酸を補給するのも問題ありません。

参考にしたサイト⇒基礎体温がガタガタな人はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です